犬のしつけの基本

わんちゃんを褒めているのに、叱っているのに全然理解してくれない、改善しないと感じている飼い主さんは多いのではないでしょうか。

 

そこで、しつけの基本となる褒めと叱りの伝え方やポイントについてご説明させていただきます。

褒め

まず私が一番しつけの中で大切だと思っていることは、褒めることです。本当に重要になってくるポイントです。
わんちゃんが悪いことをした時、言葉で叱る飼い主さんが多いと思います。しかし、その後どうしているでしょうか。褒めることはしているでしょうか。悪いことしたのに褒めることはできません。

 

しかし、悪いことをして叱る。その後成功させて褒める。ここが抜けている方が多いかと思います。わんちゃんは悪いことをして叱られた時、なぜ叱られたのかがわかりません。その為、その後正しい行動をさせてしっかりと褒めてあげることで悪いことと正しいことの判断ができるのです。

 

例えばお客さんが来た時に吠えてしまう子であれば、その時は叱りますが、もう一度同じシチュエーションを作ってあげて、人が来ても吠えなければたくさん褒めてあげます。
褒める時の注意点ですが、人が思ってる以上に大袈裟に体全体を使って褒めてあげます。そうすることでよりわんちゃんに伝わりやすくなります。また、褒める時の声は高めの声にしましょう。あとはそのわんちゃんにとってどのレベルのことが出来たのかでも声の大きさを変えましょう。

 

難しいことができたなら大きく、当たり前のことができたなら小さくという形です。おやつやおもちゃを使うのも良いですが、物がないとできない子になる可能性もあるので気をつけてしつけを進めましょう。

叱り

次に大切なのは叱りです。わんちゃんをしつける時に叱ってはいけない、楽しく褒めてしつけるという訓練士さんもいらっしゃいますが、人間に置き換えてみましょう。叱らずにしつける人はなかなかいないと思います。
悪いことといいことの判断をつけるために少なくとも私は必要だと思います。言葉で叱る時に大切なのは声のトーンです。高いトーンで叱っても、わんちゃんは怒られているんだと伝わりにくいです。低いトーンにすることで、いけない事なのだと理解しやすくなります。

 

このように、しつけの本当に基本部分となりますが、一番大切なことが褒め方と叱り方だと思います。学習しなければわんちゃんに人間の言葉はわかりません。言葉が伝わらない中で、悪いことといいことを判断させるためには、声のトーン、大きさに気をつけること、それと失敗、成功の両方を経験させることが必要です。

 

犬のしつけ教室なの講座もあるので気軽にお試ししてもいいかもしれません。

 

愛犬の健康で非常に大切なドッグフードについては、カナガンなどがとても人気で評判が高いです。

カナガンについては「カナガンのドッグフードについて、気になる評判と口コミ」を参考にして下さい。