犬を飼う上でなぜしつけは必要になるのか?

犬を飼うという事はただ単に餌を与えて散歩すればいいのではありません。犬が人間と共に生きていくためにはしつけが必要です。ではしつけは何のためにするのでしょうか。

・愛犬の健康と命を守る

犬を飼う人はその家族もそうですが、しつけを何のためにするのかしっかりと理解しておく必要があります。家庭で暮らすしつけの目的は愛犬の健康を守る事です。例えば人を極端に怖がる犬なら病院に連れて行っても診察がうまくいきません。

 
また飼い主に触られるのも嫌がるようになれば、日常の手入れすらも出来ません。これでは健康の維持も出来ません。衛生的にも良くないです。人に触られても怖がらないように教える事が重要なのです。

 
それに愛犬の動作を即座にやめさせる事ができるようになれば、交通事故なども防ぐ事ができます。しつけをする大きな理由の一つは愛犬の健康と命を守る事です。

・家族に負担にならないようにする

また、家族の負担にならないようにする事もしつけの目的です。特定の一人の人の事しか聞かないという状態になれば家族が大変な思いをします。家族が犠牲になるような生活では不満も溜まります。

 
せっかく犬を迎え入れたのに幸せどころか、不幸になります。最悪、もうお手上げ状態に家族がなってしまうと捨て犬になるかもしれません。必用な事を教えて家族と共に生きていけるようにしつけは欠かせません。

・近隣に迷惑をかける犬にはしない事

また家族だけではなくて近隣に迷惑をかけないようにする事もしつけの目的です。いくら愛犬に愛情を注いで家族の中ではかけがえない存在だとしても、近隣のみんなから嫌われるような飼い方をしているなら、社会の中で暮らす人間と犬としては暮らしにくくなってしまいます。

 
散歩時に子供やお年寄りにもかまわずに飛ぶついたり、吠えたりするようになれば相手に大迷惑です。また例えば上手な歩き方を教えてあげれば散歩時のケガや事故を防ぐ事も出来ます。

・まとめ

犬を飼う上でのしつけについて家族にも理解してもらわないといけません。犬を飼う人はいろいろな事を想像します。愛犬と一緒にスポーツをしたり、共に旅行に出かけたり、子供とも一緒に遊んでくれたり。

 
でもこれらを実現するためにも、しつけができていないと難しいです。しつけができていないと旅行に行っても自分勝手な行動に出て一緒に行動する事が難しいですし、子供にも噛みつてしまったりして一緒に遊ぶどころではなくなります。

 
愛犬のためにも家族のためにもその他の人のためにも、しつけをする事は犬と人間が共に生きていくために大事な事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です